顔の脱毛範囲はどこまで?

顔の脱毛の範囲は、脱毛器の性能によりけりです。
ですので、サロンや美容クリニックの差が大きいと言えます。

 

顔には目などの重要な部位があり、さらに皮膚が薄く敏感な箇所でもあります。
唇は周りと比べて色が濃いので、脱毛の主流となっている光を利用した脱毛方法では脱毛がしにくいと言えるのです。

 

目にレーザーなどの強い光が直接入ってしまうと、最悪の場合失明の恐れもあります。
肌が薄く敏感なので、強い光は使えませんし、凹凸が激しく顔自体が他の部位と比べて面積が小さいので、
広範囲に照射できる脱毛器は不向きです。

 

また唇などの色の濃い部分に光が作用してしまうと、低温やけどのような症状になってしまう場合があります。
こういった理由で、サロンや美容クリニックでは、顔に対しての脱毛を頬より下までとするところが多いようです。

 

ただ、中には顔の脱毛を得意としている、サロンや美容クリニックがありそういったところは、
頬より上の部分、おでこまで施術が出来きます。

 

こういった特殊な部分は、得意とするサロンなどに任せた方が良いかもしれませんね。
自分の希望に沿った脱毛が出来るように、サロンを使い分けるのも有効と言えるでしょう。

 

 

>>>顔脱毛が含まれていてリーズナブルな全身脱毛はコチラ<<<